外反母趾やタコが痛くてもハイヒールが履ける!ユニークな方法がありますよ♪

こんにちは、磯谷です。

ハイヒールを履きたいのに、外反母趾・魚の目・タコが痛くて、履けない!

そうお悩みの方は、とても多いです。

でも、大丈夫ですよ。

スニーカーを活用すると、骨格が整い、履けるようになります。

「ハイヒールを履くために、スニーカーで足の形を整える?どういうこと??」

よくそう不思議がられます(笑)

実は、スニーカーを活用すると、体重を支えるために、足にある骨で作られた3つのアーチが、整うのですね。

画像お借りしました。

足には内側縦アーチ(土踏まず)、外側縦アーチ(外踏まず)、横アーチの、3つのアーチがあります。

太鼓橋を見てもお分かりのように、アーチは体重を受け止めて重さを分散させるのに、非常に優れた構造をしています。

そして衝撃を受け止める、バネの役割も果たします。

ですから、このアーチ構造が崩れると、歩いた時の衝撃が、まともに足にかかります。

すると、外反母趾・魚の目・タコなど、足のお困りごとが出てくるのです。

お見苦しいですが、私の足。

横アーチがペッタンコになっているのが、分かりますか?

そのために、外反母趾が進んでしまいました。

バニオン(親ゆびの付け根部分のはれ)も出来ています。

こうなると治りませんが。。。

ここまでひどくなる前に、キチンとアーチを整えればいいんです。

足にある3つのアーチを作るには、足の甲をがっちりホールドする事が必要です。

けれど、パンプスなどのヒールには、覆う部分があまりありません。

どうしたら、いいのでしょうか?

実はこのアーチを作るために、手っ取り早い方法があるんですよ。

スニーカーを使い、ヒールロックというヒモが緩まない方法で、靴ヒモを結ぶことなんです。

ヒールロックの結び方はこちら。

ヒールロックを試した、お客様の動画はこちら。

普段はスニーカーで足を締めて3つのアーチを作っておいて、ヒールを履く、イザ!という時に備えるのですよ。

通勤時はスニーカー、オフィスではヒールを履く、ニューヨーカーなんかそうですよね。

ヒールロックで靴ヒモを締める事は、足のコルセット、もしくはヒールを履くための準備体操と考えて頂ければ。

ヒールロックの詳しい方法は、こちらでお伝えしています。



☆*。。。*☆*。。。*☆*。。。*☆*。。。*☆*。。。*☆



インソールと甲乙つけがたい、靴ずれを軽減する方法、それが靴選び。

セミナー【靴選びは  幸せ選び】

貴女の足に合う靴の選び方がわかります。

【 近々の日付など、詳細はこちら!】

クリックしただけで申込にならないのでお気軽に見てみて下さいね。

ブログを読みやすいよう書き直したり、お客様への資料を作り直したりと、少し時間を取りたいと思います。

申し訳ありませんが、2019年8月4日以降、しばらくセミナーはお休みさせて頂きます。


☆*。。。*☆*。。。*☆*。。。*☆*。。。*☆*。。。*☆


LINE公式アカウント(無料)やってます。

URLはこちら!

ともだち追加は

友だち追加

(男性はご遠慮下さい)

LINE公式アカウントQRコードは

もしくは @xrg4362g

(男性はご遠慮下さい)

質問やお問い合わせは、1:1トークからもどうぞ。

自動で友達追加にはなりませんので、スタンプを一つ送って下さいね

普通のLINEと同じように、他の方に会話が見える事はありませんのでご安心下さい。

今、ホームに載せているのが

・なぜセミナーが少人数募集なのか
・私がヒールロックをお薦めする訳
・私がインソールに出会った時の事
・私がインソールをお薦めするわけ
・外反母趾は女性の物?
・外反母趾って遺伝するの?
・外反母趾になりやすい足の形。
・外反母趾の人は、ヒールを履けないの?

など。

外反母趾の方が多いので、ホームに載せているのは、外反母趾の記事です。

タイムラインには巻き爪や魚の目など、他の事をアップしています。

ただ、かなりマニアックな話もありますので、ドン引きしないで下さいね!
 

Follow me!