フットカバーが脱げない方法。ヒールロック。

アンクル丈のソックスやフットカバーを履いた時
スニーカーの中で靴下が脱げる事ありませんか?

原因としては

・靴下のサイズがあっていない
左右の足でサイズが違う方もいらっしゃいますし、繰り返し
履いているうちにゴムが伸びてきたという事もあるでしょう。

・靴のサイズがあっていない
少し大きめの靴を履くと踵に摩擦がかかり、下図のようになります。

フットカバー脱げる図解3

画像、お借りしました。

・歩き方に癖がある
重心が左右どちらかに偏っているとか、すり足で歩いているとか、足首が曲がっている(外反足・内反足)とか。

ここでは靴、スニーカーについてお話しますね。

靴ひも、履くたびにほどいてますか?

日本は靴を脱ぐ文化なのでヒモをゆるめに締めて、ほどかずに脱ぎ履きする人が多いですよね?

それって上の図で言えば摩擦を起こす原因になります。

そこで脱ぎ履きするたびに紐をほどき、締める。

これだけでも変わりますが、もう一歩進んだ方法は。。。

『ヒールロックで靴ひもを締める。』

文字通り踵をロック。

普通に靴ヒモを結んだだけではヒモが緩んできます。

ですが、この締め方だとヒモが緩まないんです!

・それぞれ上1つの穴を残して普通に靴ヒモを通す

(そこで気づいたあなた!するどい!
スニーカーで少しずれて開いている穴は、ヒールロックのための穴なんです。)

・外側から内側(靴側)、下から上に向かって紐を通す

・右から左、左から右に向かって紐を通す

・締める

・完成!

この締め方だと踵を上げた時に、靴が脱げないので摩擦が起きない

→フットカバーが脱げない!

1度試してみて下さい(^^)

靴擦れも起きなくなりますよ!

Follow me!