魚の目。どっちも目。

魚の目。医学用語で言うと『鶏眼』。
どっちも目みたいに見えるからですね。

魚の目とは足裏や足の指にできます。

圧迫や摩擦などの刺激によって
皮膚の角質が円錐状(とんがり帽子
みたいな感じですね)に厚くなり、
しかも固くなって芯を持ちます。

皮膚の深いところ(真皮)にある
神経を刺激するので痛くなります。

魚の目とタコの違いは何だと思いますか?

実は同じ物なんです。

円錐形に皮膚の中へ進んでいくのが
魚の目。

角質が皮膚の外へ、
盛り上がっていくのがタコ。

角質が硬く、厚くなるという意味では
変わりありませんね。

魚の目は骨と骨の間や、
関節のくぼみにできやすいので
足にできる事が多いです。

タコはペンダコや座りダコのように
体中のどこにでもできます。

お見苦しい足で失礼しますが、私の足。
今時、座りダコのある人も珍しいのでは
ないでしょうか。。。(^_^;)

ちなみにタコを医学用語で言うと
『胼胝(べんち)』。

訓読みすると、胼(たこ・あかぎれ)
胝(たこ)。。。くどくない?

黄色い○部分にできるヒールダコは
なぜできるか、ご存知ですか?

開帳足が原因です。

足は本来なら上の画像の
赤い3点を結んだ3つのアーチで
体を支えていますが、
開帳足の場合は
アーチが潰れています。

本来は赤い点の場所で体重を
支えるはずが、黄色い○で
囲んだところ、つまり本来の
体重を支える場所ではない
ところで支えているので、
角質が硬くなりタコとなるのです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です